睡眠とAGA

髪の毛が薄い薄毛にが目立つ男性が増えてきていると感じる現代社会で、生活習慣の乱れがAGAを生み出している要因として考えられています。生活習慣の中でも睡眠は、1日の3分の1の時間を占める重要な時間です。その睡眠時間が不足した場合、質がいい睡眠がとれなかった場合、AGAにどのような影響が生まれるのでしょうか。

睡眠は体を休める為にとても需要な働きをしています。人によって睡眠時間や寝る時間帯の千賀などはありますが、体の仕組み的に理想的な睡眠時間は決まっています。アンチエイジングや体の回復などを考えると、夜10時から2時の間に質のいい睡眠をとる事が理想と言われています。なぜならこの時間帯は、成長ホルモンが最も活発に働く時間と言われています。成長ホルモンは、一日で体が受けたダメージや疲労を回復させるためのホルモンです。

そのため、体の内臓や筋肉、皮膚や髪など体のあらゆる部分の成長に関係があります。特に質が悪く睡眠不足になってしまうと、内臓や筋肉など体にとって重要な部分しか成長ホルモンの影響を受けなくなってしまいます。髪や肌の調子が悪くなってしまう人が増えてきます。髪の成長の為に適切な時間に十分な睡眠が必要になります。規則正しい生活習慣を身に付けるようにすることでAGA対策にもつながります。

食生活とAGA

ハンバーガー日本は昔ながら和食中心の食生活を送ってきました。しかし最近では日本にいながら生花各国の料理を食べる事ができる時代になりました。食生活が豊かになり、24時間空いている飲食店も増え、ますます乱れた食生活になり易い暮らしになっています。特に家庭の食事も欧米化が進んだことで、高カロリーで高脂質、塩分も高めの食事が増えています。食事は体に必要な栄養素を作る為にとても重要な働きをしています。特に薄毛に関しては、食べた食事によってAGAの症状を加速してしまう可能性も有ります。そこでAGAの改善のためにはどのような食生活を見直したらいいのでしょうか。

食事の欧米化によって気にあるのが糖質や脂質が増える事です、過剰に摂取してしまうと脂肪が増え、体の血液がドロドロになってしまいます。これによって血流が悪くなり血管が詰まり、頭皮に必要な栄養素が行き届かなくなります。また脂質が多くなると、頭皮の毛穴から過剰な皮脂が分泌されて、毛穴を詰まらせてしまう事になります。

また肉や魚など動物性たんぱく質を過剰に摂取している家庭も増えています。動物性たんぱく質は脂質も同時に摂取する為、頭皮の血流に悪影響をもたらします。特に頭頂部の薄毛を促進させてしまうという特徴がある事が解っています。またその逆に前の方の薄毛が気にある人は辛いものなどの刺激物に注意が必要です。バランスよく栄養素を摂取できるように心がけましょう。