AGAは誰にでも

髪の毛が薄くなってきたAGAはいつ誰がなるのか分からない時代になりました。AGAは男性型脱毛症と言われ、男性に多い髪の問題です。その一番の原因としてあげられるのが男性ホルモンの影響です。男性ホルモンのテストステロンと頭皮にある5αリダクターゼという酵素が結合してジヒドロテストステロンが生み出されます。このジヒドロテストステロンが脱毛因子を活発にさせ薄毛をより加速させてしまいます。そのため男性ホルモンを多く持っている男性の方が禿げや薄毛になり易いという特徴があります。

しかし男性ホルモンは男性だけでなく女性の体にも存在しています。そのため女性の中にもAGAの症状に悩む人もいます。そのためAGAは男性や女性、若い世代でも中高年でも起こる可能性があります。最近髪が抜けやすくなった、元気が無くなってきたと感じる人はAGAという症状があるという事を知っておくと、早い段階で対策をとる事ができます。

特にAGAが誰にでも起こりやすくなった要因としてあげられるのが、生活習慣が大きく関わっています。生活習慣の乱れは、体に大きな影響を与えます。体の栄養素は重要な部分を優先的に送っています。そのため髪や爪など体の末端には最後の栄養素が送り届けられます。不規則な生活をしていると十分な栄養素が行き届かなく髪や爪などが弱ってしまいます。そのような症状にならない為にも日常生活のいろんな面において、改善していく必要があります。その中でも影響力がある食生活、睡眠、喫煙について考えていきたいと思います。