食生活とAGA

日本は昔ながら和食中心の食生活を送ってきました。しかし最近では日本にいながら生花各国の料理を食べる事ができる時代になりました。食生活が豊かになり、24時間空いている飲食店も増え、ますます乱れた食生活になり易い暮らしになっています。特に家庭の食事も欧米化が進んだことで、高カロリーで高脂質、塩分も高めの食事が増えています。食事は体に必要な栄養素を作る為にとても重要な働きをしています。特に薄毛に関しては、食べた食事によってAGAの症状を加速してしまう可能性も有ります。そこでAGAの改善のためにはどのような食生活を見直したらいいのでしょうか。

食事の欧米化によって気にあるのが糖質や脂質が増える事です、過剰に摂取してしまうと脂肪が増え、体の血液がドロドロになってしまいます。これによって血流が悪くなり血管が詰まり、頭皮に必要な栄養素が行き届かなくなります。また脂質が多くなると、頭皮の毛穴から過剰な皮脂が分泌されて、毛穴を詰まらせてしまう事になります。

また肉や魚など動物性たんぱく質を過剰に摂取している家庭も増えています。動物性たんぱく質は脂質も同時に摂取する為、頭皮の血流に悪影響をもたらします。特に頭頂部の薄毛を促進させてしまうという特徴がある事が解っています。またその逆に前の方の薄毛が気にある人は辛いものなどの刺激物に注意が必要です。バランスよく栄養素を摂取できるように心がけましょう。

0 Comments