喫煙とAGA

今男女ともに喫煙者が増えてきています。最近では街頭での喫煙やお店でも喫煙スペースが無くなるなど、タバコが体に悪い物でなるべく分煙できるように社会全体が変りつつあります。タバコが体に与える影響は、決していいものとは言えません。悪影響の一つとして問題になっているのが、AGAです。AGAは男性が多脱毛症の事で、約9割の人の薄毛の原因と言われています。喫煙はなぜ薄毛につながってしまうのでしょうか。

喫煙で一番の問題は、ニコチンによる血管の収縮です欠陥が収縮すると頭皮の血管が細くなり、必要な栄養素を送り届ける事が難しくなります。また健康な髪に必要な栄養素であるビタミン類がタバコを吸う事で沢山消費されてしまいます。そのため益々髪の栄養が不足してしまいます。

また最近の研究で、脱毛効果を与えてしまうジヒドロテストステロンの増加と喫煙の関係性がある事が判明しました。喫煙者と非喫煙者を比較すると、喫煙者はジヒドロテストステロンが13パーセントも増加してしまう事が解りました。喫煙がよりAGAの症状を加速させてしまう事を証明するデーターとして注目されています。喫煙はお金を払って体に悪影響を与えています。その費用をAGAの治療にあてる事で健康的な体と髪を手に入れる事ができます。

0 Comments